PARTNERS(パートナーズ)はスマホを行って作業をすることが可能なため非常に便利なので副業として利用するのも良いと思います。

しかし、副業としてはじめても続けられないことはあります。

本業が忙しくなってしまったり、環境が変わってしまうと途中で辞めなくてはならないケースもあるでしょう。

ここで気になることと言えば「途中で返金が出来るのか」ではないでしょうか。

果たして返金は出来るのでしょうか。

今回はこのPARTNERS(パートナーズ)は返金が出来るのか、出来ないのか調べてみました。

実は返金をする時には注意が必要な場合もありますのでそちらも合わせてご説明して行きます。

PARTNERS(パートナーズ)についてはこちら⇒PARTNERS(パートナーズ)のまとめを確認して頂くことでどのようなビジネスかわかると思いますので是非確認してみてください。

 

PARTNERS(パートナーズ)で返金を求める際、最初にやるべきは運営側への交渉?

どの様な理由で返金を求めるかは人それぞれだと思いますが、基本的にはまず運営に返金をしてほしいという意志を伝えるのが最初にするべき行動です。

公式ページに特商法という部分もありますのでそこからメール返金をしたいという旨を伝えるのが良いと思います。

また、その際には必要事項が無いかを一緒に確認しておくのも良いでしょう。

例えば「返金を求める際に必要になる情報や書類があるか」「こちら側で準備するものがあるか」「返金出来る場合はいつまでに振り込んでもらえるのか」などなど聞いておきたいことは一緒に送るとスムーズに進むと思います。

ただし、これはあくまで返金が出来るという場合の対処法であり、返金したいと申し出ても無理な可能性も考えられます。

実際にPARTNERS(パートナーズ)で返金の連絡というのはしたことが無いのでどのような返信があるかは不明です。

そもそも個人的には返金をするようなビジネスでは無いと考えています。

ちゃんとやれば結果は出てくると感じますし、コツコツと長期的に行っていくようなビジネスだとも思いますので返金という状況にならないケースも大いにあるでしょう。

しかし、副業として始めたがどうしても辞めなくてはいけないという場合も想定されます。

例えばパターンとしては副業禁止の会社だったが確認せず副業を行い会社から副業を辞めるように言われたという場合です。

終業時間以外で副業をするというのであれば法律上は問題ないと思いますが、どうしても会社が認めてくれないという事も考えられます。

「そんな会社は早く辞めたほうが良い!」なんて思った方もいるでしょう。

ですが、会社を辞めるという選択肢を選べないという事もあると思います。

そういった方のために今回はPARTNERS(パートナーズ)で返金をする方法について調べて記事にしてみました。

この記事の情報が少しでも役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です